タイトル画像

イベントのご案内

ニュース取得

【公開研究会】『気候リヴァイアサン――惑星的主権の誕生』刊行記念
ジョエル・ウェインライトがThe Exhausted of the Earth著者と自著について語る

日時:2024年6月22日(土)15:00〜17:30
開催:大阪経済大学 J館3階特別会議室(地図

登壇者:ジョエル・ウェインライト(オハイオ州立大学)
討論者:アジェイ・シン・チャウドリー(ブルックリン社会研究所事務局長)
司会:隅田聡一郎(大阪経済大学)

使用言語:英語
主催:科研費若手研究「主権の批判理論を再構築する――マルクスとシュミットの邂逅をてがかりに」
共催:マルクス研究会
参加費:無料

▶︎詳細・過去のイベントは、こちら

定例研究会・年次大会のご案内

定例研究会

ニュース取得

第33回:2024年8月10日(土)15:00~
ジョエル・ウェインライト、ジェフ・マン著『気候リヴァイアサン――惑星的主権の誕生』(堀之内出版、2024年)合評会
◇コメンテーター:
桑田学(放送大学)
◇リプライ:翻訳者
隅田聡一郎(大阪経済大学)、柏崎正憲(一橋大学)、菊地賢(立教大学)、羽島有紀(駒澤大学)

岩佐茂著『マルクスの生活者の思想とアソシエーション』(桜井書店、2024年)合評会
◇コメンテーター:
三木敦朗(信州大学)

◇場所 
一橋大学国立西キャンパス 第1講義棟205教室
 ▷地図(案内図の10の建物です)

※非会員の方でご参加を希望される場合は、お名前とご所属を記載の上、メールまでご連絡ください。


▶過去の定例研究会・年次大会は、こちら

研究会・読書会のご案内

資本論読書会(第二部草稿/ドイツ語)

ニュース取得 第16回:2024年6月15日(土)15:00~
月に1回、『資本論』第二部第二稿を原語(ドイツ語)で読んでいます。テクストは、MEGA II/11を使用しています。
要申込
まで)


「ポストコロニアル・マルクス主義」読書会

ニュース取得 第1回:2024年6月25日(火)18:00~(オンライン開催)
6月よりSai Englert, Settler Colonialism. An Introduction(Pluto Press)をテキストにした読書会を開催します。

 ▶︎詳細はこちら


研究年誌

2022[第6号]
発行:2023年11月30日

yb6

近代社会における自由競争という権威
――マルクスのプルードン(主義)批判

菊地賢(立教大学助教)

MEGA第Ⅱ部門第四巻(1863-1868年経済学草稿)第三分冊解題(上)
[監訳]隅田聡一郎(大阪経済大学専任講師)

『資本論』第三巻第一章第四草案
成立と来歴
[訳]佐々木隆治(立教大学教授)・竹田真登(立教大学大学院博士後期課程)
第一章 剰余価値の利潤への転化、および剰余価値率の利潤率への転化
[訳]佐々木隆治

判型:A5判
頁数:110



▶︎ご購入・詳細はこちら

連絡先

メール
住所:〒154-0012
   東京都世田谷区 駒沢1−23−1
   駒澤大学経済学部現代応用経済学科 明石英人研究室内