タイトル画像

定例研究会・年次大会のご案内

定例研究会

ニュース取得

第32回:2024年3月23日(土)15:00~
佐々木隆治著『マルクス 資本論 第3巻』(角川選書、2023年)合評会

◇コメンテーター:
結城剛志(埼玉大学教授)
マイケル・シャワティー(宮崎大学助教)

◇場所 
立教大学池袋キャンパス12号館4階 経済学部共同研究室
 ▷地図

※非会員の方でご参加を希望される場合は、お名前とご所属を記載の上、メールまでご連絡ください。


▶過去の定例研究会・年次大会は、こちら

研究会・読書会のご案内

資本論読書会(第二部草稿/ドイツ語)

ニュース取得 第13回:2024年2月24日(土)15:00~
月に1回、『資本論』第二部第二稿を原語(ドイツ語)で読んでいます。テクストは、MEGA II/11を使用しています。
要申込
まで)

イベントのご案内

ニュース取得

シンポジウム「ルカーチの物質代謝論と人新世の環境危機」
――ドイッチャー賞受賞記念講演日本語版

日時:2021年7月10日(土)14時〜16時
開催:オンライン(Zoom)
講演:斎藤幸平(大阪市立大学准教授)
主催:マルクス研究会
参加費:無料
お申込み:こちら
※利用するWeb会議システムの都合上、本ジンポジウムには参加人数に上限がございます。参加人数の都合上ご参加いただけない場合がございますのであらかじめご了承ください。



▶︎詳細・過去のイベントは、こちら

研究年誌

2022[第6号]
発行:2023年11月30日

yb6

近代社会における自由競争という権威
――マルクスのプルードン(主義)批判

菊地賢(立教大学助教)

MEGA第Ⅱ部門第四巻(1863-1868年経済学草稿)第三分冊解題(上)
[監訳]隅田聡一郎(大阪経済大学専任講師)

『資本論』第三巻第一章第四草案
成立と来歴
[訳]佐々木隆治(立教大学教授)・竹田真登(立教大学大学院博士後期課程)
第一章 剰余価値の利潤への転化、および剰余価値率の利潤率への転化
[訳]佐々木隆治

判型:A5判
頁数:110



▶︎ご購入・詳細はこちら

連絡先

メール
住所:〒154-0012
   東京都世田谷区 駒沢1−23−1
   駒澤大学経済学部現代応用経済学科 明石英人研究室内